Football Manager で、愛するミランの監督を目指すブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに念願の Manager of the Season を受賞!

Manager of the Season


選手もエースのマッティ・ウォーカーが、MVPと得点王。

Football of the Season

Top Scorer


パット・ウィリアムズは選手が選ぶMVPに。

Player of the Season


ユース出身のピアースは最優秀若手!

Young player of the Season

Nobby のおかげ


しかし、ベストイレブンには4人しか選出されず・・・

ベストイレブン


来シーズンは独占してやる!



スポンサーサイト

【2010/12/01 08:01】 | プレミア編
トラックバック(1) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
予想外の苦戦を強いられたけど、無事に二冠達成。

FAカップ

二冠

二冠2

二冠3

二冠4



これで 2016-2017シーズンは終了。

最終順位


カーリングカップは準決勝で敗退したけど、

リーグ戦とFAカップの二冠を達成し、

CLでも準優勝。 過去最高のシーズンだった。


マッティが完全に怪物化したことと、守備陣の奮闘、

CKからの得点が増えたことが大きかったかな。

CK


賞金も41億!!

優勝賞金




【2010/12/01 07:26】 | プレミア編
トラックバック(1) |
クラブ史上最大の挑戦、UEFA CHAMPIONS LEAGUE 決勝。

マドリーのスタメンは、

フォメ


カシージャス、サパタ、ヘーヴェデス、ケアー、マルセロ。

ケアー

マルセロ


ロナウド、ディアッラ、ラウール・アルビオル、エジル。

ロナウド

エジル


オスヴァルド・マルティネス、ベンゼマ。

マルティネス

ベンゼマ



序盤はウチのペース、メルケルのポスト直撃ミドルなど攻勢に出るが、

前半28分。 右サイドのロナウドに裏を取られ、

何でもないクロスをウチのサイドバックが華麗に流し込み、マドリーが先制。

守備を重視してスタメン起用したのに・・・


33分、ブラックがすぐさま同点弾を叩き込むが、

39分、ディアッラの何でもないクロスに全員がボールウォッチャー。

完全にフリーとなっていたベンゼマが流し込む。


しかししかし、直後の42分。

マッティのポストプレーから、最後はブラックがゴールに突き刺し、

2-2の同点で前半終了。 全然やれる手ごたえ!

前半終了


目まぐるしく動いた前半の終わりから一転、後半は膠着状態。

互いに良い守備を見せ、簡単にいい形でシュートを許さない。

後半21分、ロナウドの1対1の決定機はゴッドセーブで勝ち越しを許さず、

後半39分にブラックがネットを揺らすも、これはオフサイド。

そして、決勝は延長戦に。

延長戦に突入


延長戦はマッティが負傷交代してからは完全にマドリーのペース。

PK戦は避けたかったが、守りに手一杯で結局PK戦へ・・・

コチラは一番手のパット・ウィリアムズが止められ、いきなりピンチ。

「外せ! 外せ!」と呪いをかけたが、それも虚しく、マドリーは全員成功。

最大の挑戦はPK戦の末、散ってしまった・・・

CL決勝

敗退・・・


負けはしたものの、勝ってもおかしくない内容だったし、

カンプ・ノウで行われる来シーズンは獲ってやる!

来年はカンプ・ノウ


決勝まで進んだから、今シーズンはCLでの収入がガッポリ!

CL放映権料




【2010/11/30 07:59】 | プレミア編
トラックバック(0) |
メルケル檄を飛ばす


プレミアリーグ第36節。

引き分けでも優勝がほぼ確定するチェルシーとの一戦。

もはやチェルシーなど相手ではなく、アウェイでもウチのペース。

なかなか得点を奪えなかったが、前半40分。

CKからマッティのヘッドをチェルシーの選手がクリアし損ね、

オウンゴールで先制。

その後も試合を支配し、後半36分にマッティがトドメの一撃。

結局、そのまま2-0で勝利し、

チェルシー戦


残り2試合を残して、悲願のプレミア制覇!!

プレミア制覇

プレミア制覇2

プレミア制覇3

プレミア制覇4

殿堂入り


これで余裕を持ってCL決勝に臨める!




【2010/11/29 22:16】 | プレミア編
トラックバック(0) |
現実世界で先日、PSVがフェイエノールトに10-0で大勝したが、

プレミアリーグ第35節、ホームにサンダーランドを迎えての一戦。

このゲームでも我々が同じ事件を起こした。

10-0



前半16分、マッティ・ウォーカーのパスに抜け出したブラックが

落ち着いて決めて先制。

39分、ブラックのヘディングシュートをGKが弾き、

ゴール前の混戦からマッティがスライディングで押し込み追加点。

41分、左サイドで粘ったブラックがクロスを上げ、

完全にフリーになっていたパットが頭で合わせ3-0。

44分、メルケルのFKをGKが弾いたところをマッティがボレーで合わせ4-0。


さらに後半6分にCKをマッティが頭で合わせトリプレッタを達成すると、

66分にはオウンゴール。

72分、ピアースのスルーパスに反応したブラックが流し込んで7-0。

この時点でDF陣はほとんど棒立ち。

その後、マッティ→ブラック→マッティと3ゴールを奪い

10-0の歴史的大勝を飾ることが出来た。

最多得点記録



さらに2位ユナイテッドが引き分けたため、

次節チェルシー戦に勝てば優勝決定。

引き分けでも、ほぼ優勝決定!

順位表





【2010/11/29 02:43】 | プレミア編
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。